書籍 何があっても生きる

定価 1,620円(税120円)
販売価格 1,620円(税120円)
購入数

たった一人を全力で救う男、玄秀盛×一人で死にゆく者を弔う僧、中下大樹。
それぞれ公益社団法人「日本駆け込み寺」、超宗派寺院ネットワーク「寺ネット・サンガ」の代表として、被災地や都市部で頻発する孤立死、家庭内暴力、自殺等の救済活動に携わってきました。二人が対峙するのは、貧困・差別・暴力のリアルな現場。現代日本の縮図とも言える悲劇を直視し、生きることの意味を熱く語り合います。
玄秀盛・中下大樹 著/佼成出版社
1,575円(税込)
2013年7月30日発売
まえがき……公益社団法人 日本駆け込み寺 代表 玄秀盛
<白熱対談> 玄秀盛×中下大樹
第1章:被災地こそ日本の縮図――日本人よ、命の重さを知れ
第2章:ボランティアは誰のため――今こそ問われる、人助けの作法
第3章:玄秀盛からの伝言――ほんまの“生き方”教えたる
第4章:中下大樹からの伝言――生きていて良かったと思える日まで
あとがき……超宗派寺院ネットワーク 寺ネット・サンガ 代表 中下大樹

Your recent history